アレルギー体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)を改善するのに、運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)が効果的だといわれています。 ただ、だからといって、どんな運動をしてもいい訳ではありません。 アレルギー体質の改善に有効なのは、有酸素運動です。 有酸素運動とは酸素を体内に取りこみながら行う運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)のことで、ショギングやウォーキング、水泳などが該当します。 有酸素運動をすることで自律神経の働きが良くなり、アレルギー反応を抑制することが可能です。 そして、有酸素運動は何れも体力をそれほど必要としません。 そのため、どなたでも気軽にスタートできるというメリットがあります。 激しい運動をした方が体にいいようなイメージもありますが、活性酸素(活性酸素を消す酵素であるSODやその酵素と同様の働きをするといわれているSOD様食品も注目されています)を大量に発生させてしまうので逆効果です。 また、いきなり激しい運動をすると運動不足の人だと体調を崩したり、ケガにつながる恐れもあります。 体質改善のために有酸素運動をする場合には、出来るだけ毎日続けるというのがポイントです。 一回や2回では全く効果が無いので、ウォーキングを日課にするくらいの気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)で挑みましょうー